飼育方法について

飼育の前に

フクロモモンガは群れで生活する動物です。飼育下の場合、飼い主が「仲間」となります。そのため、毎日相手をする時間や一緒に遊ぶ時間を作らなければいけません。飼い主が時間を作れるのであれば1匹で飼っても何も問題ありませんが飼い主が毎日時間を作れない場合には2匹以上で飼う事をお勧めしています。繁殖する場合、オス・メスのペア、繁殖しないのであればメス同士がお勧めです。(オス同士はなわばり争いのケンカになる事が多いです)。

もし、先の子がいて、新しいモモンガを同居させる場合は、お互いストレスを受ける為いきなり一緒にしないでください。ケージを隣り合わせるなど臭いを確かめ合えるようにしたほうがいいでしょう。お互いに興奮しなくなったら一緒にしてもかまいませんが数日は見守るようにしたほうが懸命です。また、大人のモモンガに離乳前のベビーを同居させるときは、十分に注意してあげましょう。愛称は悪くはありませんが、餌がなくなるとベビーを食べてしまうことがあります。

また、もしもの時に備えて近くにフクロモモンガを診てくれる獣医さんも探しておく必要があります。フクロモモンガのような小さな動物の場合診てくれる動物病院は少ない為、獣医さんにお世話にならないですむように健康管理をしっかりしておく事も大事です。

飼育環境

室温は私たち人間が快適に過ごせる温度に保ちます(約18℃~28℃くらい)。直射日光の当たらない場所でエアコンの風が直接当たらない所にケージを置きましょう。フクロモモンガは寒さにも暑さにも弱い動物です。秋~春(初夏)迄の間は、パネルヒーターなどで保温し、夏は暑さ対策をしてあげましょう。
フクロモモンガは、冬眠はしませんが15度以下になると体温が下がり冬眠状態になり危険です。また、30度以上になると熱中症や脱水になるおそれがあります。

おうちにやってきたら

初めてフクロモモンガを迎えた日は、ケージに入れたら後は1日そっとしておいてあげて下さい。翌日から飼い主さんの臭いや声、家の中のいろいろな臭いや音に慣らしていってあげましょう。慣らしていく間は、おやつを手で与えるのもいいでしょう。手で与えると臭いだけでなく、飼い主さんの顔も見る事になります。最初の数日間は一人の人だけがフクロモモンガの世話をするようにして下さい。その後、フクロモモンガが落ち着いてきたら、他の家族を紹介していって下さい。慣れて来れば家族の肩から肩へ飛び移って遊ばせたりする事もできます。

※小さなお子さんをお持ちの、お父さんお母さんへ※
フクロモモンガがお家に来たとたん、小さなお子さんが触りすぎてしまい、フクロモモンガが びっくりして病気になってしまう恐れがあります。触りすぎたりせず、徐々に慣らしていってあげて下さい。

他のペットについて

フクロモモンガは他の動物とだいたい上手くいくようです。相手が猫であっても(猫の)毛を引っ張ったりして遊んでいたりします。但し、犬・猫・フェレットなどじゃれるのが好きな肉食性の強い動物はほぼ100%フクロモモンガを狙います。ケージから出す時は他の動物のいない部屋にしましょう。




Contact

フクロモモンガ専門サイト「福桃ランド」へのお問い合わせは下記までお願いします。

(有)トップクリエイト
TEL:052-265-7776
FAX:052-265-7774
E-mail: shop@fukumomoland.jp
ログイン状態
〒460-0021
愛知県名古屋市中区平和2丁目3-17 トップクリエイトビル

動物取扱業登録証

販売  第0708019号
貸出し 第0708020号
展示  第0708021号



↓福桃ランド携帯サイト↓
フクロモモンガ専門サイト 福桃ランド携帯サイト